NO.363 シカと向き合う

 

 シカを駆除すると、報奨金が一頭あたり15,000円出ると地元の新聞に載っていた。職場で、じゃあ10頭で15万円だから、20頭もつかまえれば、そっちの仕事のほうがいいね♪と冗談を言った。

 

 

♪しかしかしかしか

 つのなんぼん♪

 

 

  • 指で友達の背中をつついて、何本の指でつついたのか当てる「わらべうた」です。

 

 

この〝わらべうた〟はできるが〝シカを打つ〟ことは…できない。

私にはむりだ。

 

 

 

同僚は言う。

「ダメですよ。はらやまさん。まず、軽トラをかわなきゃいけないし。

狩猟免許を取ってハンターにならなくちゃ。そもそも、シカを射止めても重くて、軽トラに乗せるのにかなり力が要りますよ。ガソリン代だってかかりるし、はらやまさんでは無理ですよ。ズリズリ~、、、」

 

 

 

「免許とったり軽トラ買ったり技術みがいているうちに、10年くらいすぐたっちゃうかー。やめとく。」

 

 

 

なんて言ってるとき、ふと奈良公園で撮ったシカの顔がプカッと浮かんできた。シカの眼を見ていると、胸が苦しくなる。私はこのシカを撃ち殺すことはできない、、、……。

 

 

物事には両面がある。

このシカに作物を荒らされたら、やむ終えずやらなきゃいけないのか!

 

ジレンマに悩むハンターの記事を思い出して、読み返してみた。

そこに答えがあるかもしれない。

だいぶ前になるが、ハンターの記事が新聞社から間違えて郵送されてきた。私の掲載記事を送ってくれるところを、前号の後藤光章さんの記事が送られてきたのだ。ラミネートして自分の記事と一緒に取っておいた。神様のお告げかもしれないと思った(笑)。

 

 

 

紹介します。

週刊長野2014年2月22日(土) 一面

(うわー!びっくりした!2年前のちょうど今日です!書いていて今知りました!)

 

 

 

◆「シカの命と向き合う」ハンター後藤光章さん(記事全文)

 ハンター歴16年。猟期になると、野生動物調査などの仕事の合間をぬって狩りに出る。クマの生態を研究していた信大農学部4年のとき、狩猟免許を取った。初めてクマを襲った日「何も悪いことをしていないクマを殺した」と、雪の山中で涙を流した。雌のシカを解体すると、多くは妊娠中だ。死に際に最後の力をふりしぼって「鳴く」シカの声が心に響いた。

 先人が野生動物と闘いながら広げてきた生活圏に野生動物が戻り、今や中山間地は両者のせめぎ合いの最前線だ。自ら中山間地に移り住み「電気柵」の設置や「有害鳥獣駆除」に従事しながら「狩猟技術なしにはあり得ない野生動物との共存」を実践、模索する日々。ハンターの重責を感じながらもジレンマに悩む

 命を奪うからには、その命を生かしきりたい。けれども、ハンターが捕獲するシカの大半は捨てられる。ジビエ肉に、家畜肉と同等の管理を求められる現状では、肉としての流通が容易でないからだ。

 仲間と一緒に、「シカの命と向き合う」イベントを積極的に開いている。会場にシカを運び、参加者を交えて解体、調理し、食べながら、ハンターから見える世界を語る。野生動物と人の関係を考えることは、現代人の生き方を振り返ることでもある。特に、若者や子どもたちに伝えたいことがたくさんある。(記事・北原広子)

 

 

 

ブログ:地球の仲間守りたい

 

    メディア関係記事