NO.498 だるまさんが転んだーわらべうた

2017年2月
2017年2月

 

保育園児のにぎやかな声がしたので、

公園をのぞいてみると、

中央の木に鬼が後ろ向きになって、

「はじめのいっぽ」

「だるまさんがころんだ!」

とやっています。

 

 

おお!

目に焼き付けなくては~

 

 

多くの大人たちが

すでに遊ばれなくなっているーと思っている

昔あそびの〝わらべうた〟が

子どもと保育士によって

脈々と楽しみながら遊び継がれている

保育現場の輝ける実態です。

 

 

私は焦る気持ちをおさえながら・・・

遊びの風景を棒立ちになって観察させてもらいました。

 

 

そして、この言葉がいつも浮かんでくるのです↓

  

 

〝こうして、

大人の気づかない世界で、

このわらべうたという

無数の生きものは、

どんなに無視されても、

圧迫されても、

僅かな隙間から

子どもの心の中に飛び込み、

新しい生命をかちとって

広まっていく。〟

 

(民俗学の父 柳田国男)

 

 

 私はこのわらべうたの集団遊び〝だるまさんが転んだ〟に、思い入れがとても強いのですが、今までの講演会では時間的にそこに触れることができませんでした。

 

 

 つかまっている子どもたちの手を「切った!」と助けるときの、自分が頑張って助けるんだ!という、正義感やリーダー的な気持ちの芽生えは〝だるまさんが転んだ〟で体験できると思っているのです。私が子どもの頃、毎日、毎日遊んだ実体験を通して強く感じます。

 

 

 もちろん、エネルギーの発散であったり、敏捷性、バランス感覚、とっさの判断力、ルール感覚。手と手の触合う体験など、〝だるまさんが転んだ〟で育つものをあげればたくさんあります。とっさ的にバランスをとってストップしなければいけないなど・・・そんな特色があげられますが、私が大好きで血が騒ぐ部分は、この正義感やリーダー的な気持ちを育むであろう部分ーなのであります。

 

 

今日は、公園で大変よいものを見ることができました。

 

2017年2月

 

 

ーだるまさんが転んだの遊び方ー

 

鬼を決め、壁や木など鬼のいる場所を決めます。子どもは「はじめの一歩」と言って一歩前へ進みます。鬼は後ろ向きに立ち「だるまさんが転んだ」と言ってから振り向きます。

 

鬼が振り返ったら静止!鬼の見てぬ間にこっそり近づくという遊びで、鬼が振り返ったときに動いている人は、名前を呼ばれて鬼につかまり鬼と手をつなぎます。それをくり返し、全員つかまえたら鬼の勝ち。一番最初につかまった人と鬼が交代。一人もつかまらずにだれかが鬼にタッチしたら鬼の負け。

 

また、

鬼に見えないように、つかまっている子の手を「切った!」言いながらチョップで切ると、仲間を助けることができます。

鬼は手を切られたらすぐに後ろを向き「だるまさんが転んだ」と言い、子はその間にげます。鬼が「ストップ」と言ったら子はその場に止まります。鬼は「何歩?」と聞いて、手を切った子は「大また5歩」や「小また10歩」と条件をつけて答えます。鬼はその歩数内で子に近づきタッチできたら、タッチされた子が次の鬼となります。

 

 

現代に復活かな?わらべうた