NO.617 わらべうたから学ぶ3のリズム:堀紘一著「戦略の本質」

 

 

 

わらべうたを大別すると

1.乳幼児向けのわらべうた

2.園児から学童向けのわらべうた

の二つに分けることができます。

 

 

 

乳幼児向けのわらべうたは

〝愛情をたっぷり受けて、健やかに

育ってほしい〟と願った子どもへの

思いがうたわれています。

 

 

 

 また、

発達にあわせて

赤ちゃんのがんばりと意欲も

励まします。

 

 

 

その励ましが

体の発達だけでなく

大人と子どもの気持ちの行き来となり

一歳前後の赤ちゃんと親の

愛着関係をつくります。

 

 

 

ちょちちょちちょち

のびのびのび

すべすべすべ

れろれろれろ

ごろんごろんごろん

つんくつんくつんく

立った立った立った

待て待て待て

高い高い高い

てんこてんこてんこ

 

 

 

一歳前後の赤ちゃんへの「わらべうた」ですが…

 

 

 

お気づきになりましたか?

どれも、3回のくり返しになっています。

 

 

 

まわりの動植物や自然に向かって呼びかける

「呼びかけのわらべうた」には

次のようなものもあります。

 

 

 

ちゅんちゅんちゅん

わんわんわん

かあかあかあ

めえめえめえ

にょろにょろにょろ

ぴょんぴょんぴょん

にゃーにゃーにゃー

ぽかぽかぽか

さむいさむいさむい

 

 

 

こちらも3回のくり返しで

語りかけます。

 

 

 

実際に遊んでみると

やはり

2回くり返すより

3回のほうがしっくり

できることが分かってきます。

 

 

 

 

わらべうたをやり始めたとき

3回のリズムにすぐ気付きました。

 

 

 

そして

講座で実際やっていくうちに

3回×3回がいいことにも

気付きました。

こちらは

講座を進める側からの

方法論として気付いたわけですが…

 

 

 

リズム良く伝えるためには

3回がいいと分かったのです。

「3」という数字に何かあるな…

と怪しんだ瞬間でもありました。

 

 

 

 約9年くらい前になりますが、わらべうた講座を見学された方に、わたしが「3回くり返すといいですよ。」とコツのようなものをお話ししたとき、「え?3って何ですか?今、3回っておっしゃいましたよね。」と質問した方がありました。

 

 

 

そのときは

「リズムがちょうどいいので」

くらいにしか

説明できませんでしたが…

堀紘一さんの著書を

読んでいた私は

 

 

  • 3という数字にもっと深い何か、特別な意味があることをつかんでいました。

 

 

いつか時が来たら、

(というのもへんないい方ですが…)

はっきり話せるようにしよう!

と思っていたのです。

 

 

 

日本人のアイデンティティーにつながる

特別な「3」だと

思うわけです。

 

 

 

先日「戦略の本質」という

堀紘一さんの

一年前に出た(2017年7月4日発行)

本を読みました。

私としては

「人と違うことをやれ!」

からかなり久しぶりです。

 

 

わかる

 

すごくわかる

よしっ

〝3の時が来た!…〟

と思いました。

 

 

 

次の文をご紹介します↓

 

 

 

「三」という数字が持つ意味

P13

  • お宮さんの木の寿命はおよそ300年。企業や人間の世代交代はおよそ30年。300年の10分の一のスパンである。「三」という数字は不思議なもので、あらゆるところに登場する。たとえば、春夏秋冬の四季は、一年一二カ月を四つに割って、およそ三ヵ月。株式の世界でも「小回り三ヵ月、大回り三カ年」という言葉がある。値上がりしている株も、だいたい三ヵ月ぐらい経つと、下がり始める。下がってきて冴えないなと思っていても、また三ヵ月ぐらい経つと、回復してくる。三ヵ月スパンで小さく上下を繰り返すのだ。……オリンピックのメダルもそうだ。……ベスト三を決めている。地球上の営みで、「三」というのは非常に意味のある数字だというのが、私の見立てである。……もう一つ「三」で重要なこと。どんな業界でも上位三社は生き残れる。もっとも不況時のナンバー三は、収益がトントンにまで落ちるが。そして倒産するのは通常四位以下である。……これは業界を問わず、ビジネス全般に通じる。

 (堀紘一著 「戦略の本質」より)

 

 

 

そもそも、

3回に関しての発想ルーツは

初めから堀紘一さんの著書

「人と違うことをやれ!」

だったわけですが…

 

 

 

 

わあー

なるほど

そっか

マジー?

マジっすか!

 私の興奮は収まりません

 

 

 

 

わらべうたの「くり返しことば」は

「キーワードをくり返すと、

相手は受容されたと思う』

という高度なテクニックを

つかっています。

その繰り返しを3×3で9回くらいすると、

相手に共感の気持ちを示すことができ、

スキンシップとともに

愛着関係作りができる

というのが

堀紘一さんの本を読んで

発想した私の見立てです。

 

 

2018.7.17 はらやま

 

 

悩んでる人いませんか?