NO.1147 一番初めは一宮(わらべうた)数え唄を20番まで口承されたのは昨日でした

 

 

 

 

こんばんは

はらやまです

 

 

昨日は、大変良い日でした

 

 

長野市在住、88歳女性の方に

数え唄を教えて頂きました

 

 

わらべうたの〝一番初めは一宮〟

は、10番まで知っていました

ところが、20番まで

あるというのです

 

 

 

  1. 一番初めは一宮
  2. 二は 日光の東照宮
  3. 三は 佐倉の惣五様
  4. 四は また信濃の善光寺
  5. 五つは 出雲の大社
  6. 六つ 村々鎮守様
  7. 七~つ 成田の不動様
  8. 八~つ 八幡の八幡宮
  9. 九つ 高野の弘法さん
  10. 十は 東京二重橋
  11. 十一 いちごの花子さん
  12. 十二は にわかに雨がふる
  13. 十三 魚がつれたとき
  14. 十四は 信濃のひな祭り
  15. 十五は 御殿の八重桜
  16. 十六 ロシアの赤ん坊
  17. 十七 質屋のおもちつき
  18. 十八 八幡太郎さん
  19. 十九は 勲章ピカピカと
  20. 二十は 仁徳天皇さん

 

 

 

20番まで終わったところで

ご本人「はい、終わり~」と

とても明るい、笑

 

 

まるで子どもに返ったようでした

 

 

それにしても

こうして書き出してみると

感慨深いですね

 

 

〝十二は にわかに雨がふる〟は

表現が美しい

 

 

〝十六 ロシアの赤ん坊〟って

う・・・ん(今、戦争が)

 

 

 

 

この歌詞を見て

「私の知っているのと違う」と

思う方もいらっしゃるでしょう

 

 

実は、わらべうたは

地方によって違います

 

 

一つの元唄が

全国各地(極たまに世界)に伝承し

その地域で変化するのが本来です

 

 

まりつきをしたり

お手玉をしながら

数え唄を唱えて元気に遊ぶ

昭和初期の子ども達の姿が浮かんできました

 

 

脳科学の先生が仰います

体を動かしながら

その動きに合った言葉を

発することは

〝脳全体をゆすり刺激を与えること

 

 

歌と遊びが一緒になっている

〝わらべうた〟が

子どもの育ちに貢献していた

ことが

この数え唄を想像することでも

わかってきますね

 

 

2022/11/24

 

 

 

 

  伝承のわらべうたをクラス運営に役立てる意義とは?

 

 

わらべうたの教育力とは 

 

 

当ブログまとめ

 

 

 講座予定

 

 

 わらべうた講習会・研修会お申し込み

  

 

いじめを撃退!?子どもに伝いたい神秘図形

 

 

自作動画 ねことねずみ

 

 

すり傷に貼って治す地蜘蛛(ジグモ)の巣

 

 

竹内まりやさん〝いのちの歌〟は命の問題を解決してくれる歌

 

  

熊の爪痕ってアスファルトにつけることありますか?

 

 

あけぼの幼稚園にわらべうた届け

 

 

わらべうた参加者の感想