NO.951 ブログ :嵐が国民的支持を得た理由ーそれは「歌詞(ことば)の力」

 

 

 

 

こんばんは

はらやまです

 

 

 

大晦日は、生ライブ配信を

仕事のために

見逃しました

 

 

 

あきらめていましたが

なんと!

リピート配信があって

今夜みました~

 

 

 

とにかく感動です!

 

 

 

新年明けたら

本当にパッタリと

嵐みれなくなっちゃって~

 

 

 

「さみしいね」と

職場で

話していましたが

 

 

 

今夜、再びライブ配信で

嵐に会えました^ ^

 

 

 

 

 

 

すごいですね!

大成功でしたね

 

 

 

11月に

新国立競技場でやったアラフェスも

大絶賛に終わりましたが

 

 

 

さらに、さらに

今回、素晴らしかったです

 

 

 

いつもだったら メンバー5人も

観客も

「Smie Again ○○~」・『嵐!』と

掛け声で

その双方が同時に盛り上がり

ライブ感・臨場感で

さらに盛り上がって

最高のものとなる

 

 

 

ところが、

前回につづき今回も

コロナ禍で 会場は

無観客という残念な事態

 

 

 

そこで 不眠不休

徹底的に取り組んだ

(メンバー5人もスタッフも…)

 

 

 

観客の心と満足を

どうしたら掴むことができるのか?

  

 

 

圧巻の演出ですね!

 

 

 

こぼれ話をネットで読んだのですが

天井にファンからのメッセージを

流すことは

メンバーも知らない

サプライズだったのだ

そうです

 

 

 

松潤の涙~

わかるよ~それは

演出家として

すごかったもん

 

 

 

どんなふうに臨場感を出すか?

それが課題だったんじゃないかな

 

 

 

すごいなぁ~

尊敬するなぁ~

 

 

 

やりきった涙っていうんですか

美しかったですよ

「満足っていえば満足

でも…満足できないことも

たくさんある、涙…」

もちろん、感謝の涙

前のブログにも書きましたが

銀河のような 涙でした

 

 

  

 やっぱり

自分から価値を生み出したり

自分から人生を

切り拓いたりする人は

「感じる力」を持っている

 

 

 

白か黒か 決めた扉

開く日が来てしまいましたね

曇りのない 思いが

皆さんの表情に現れていましたよ

 

 

 

でもな、もしかしたら

「無観客」が

満足できないこと…

未達成…としたら

ツァイガルニク効果って

読んだことがあります

 

 

 

例えば、テレビ番組では

クライマックス直前の

中途半端なところでCMに入るのは

このツァイガルニク効果を

狙ったもの

 

 

 

ファンは「無観客」を

やりかけの問題として

ずっと気にし続けていますから

活動を再開したとき

すぐに盛り上がります

 

 

 

ファンは

中断しているもののほうが

強く印象に残っているから

 

 

 

 

 

 

生ライブの中で

一番好みだった衣装は

最初に着ていた

白に赤と黒の衣装です

 

  

 

よく見ると

生地全体がレース模様で

〟が連想されました

 

 

 

風水って詳しくはないけれど

確か〝鶴〟

「愛にあふれた平和の象徴」

 

 

 

スタートに相応しい

すごく綺麗な衣装でした

 

 

 

松潤のジャケットの裾から

羽が出ていましたね ^ ^

 

 

 

 

 

 

嵐のメンバーが

〝国民的支持を得た理由〟は

いくつかあるけれど

私は

ことばの力(歌詞)が大きいと

思っています

 

 

 

嵐の歌詞には

背中を押してくれたり

励ましてくれたり

勇気をださせてくれる

歌がたくさんあります

 

 

 

それを

21年間くり返し

歌っているうちに

人は言葉のようになっていく

歌い手自身も 無意識のうちに

そのようになっていく

 

 

 

〝黒い曲〟って少ないですものね

 

 

 

〝ことばの大切さ〟を

書いた本がたくさん出ているけれど

理論と実証の

実証を見せてくれたのが

嵐だと思います

 

 

 

13歳・14歳くらいの少年達が

始めはとんがっていたけれど

次第に平和的な

人情的な人間へと変化する

 

 

 

学校の先生のなかにも

嵐ファンって多いと思いますよ

だって、教育の理想的な姿

そのものですものね

 

 

 

そして!

 

 

 

おそらく

5人のみなさんは

幼い頃に

母の愛をしっかり受けて

育っている

 

 

 

(私は〝わらべうた〟を通して

親子の愛着をつくる

お手伝いをしています)

 

 

 

もともと

内在している本質が似ている

メンバーではあるけれど

母との愛着形成という

人とのコミュニケーションの基礎が

乳幼児期にしっかり

できていたので

21年ものあいだ

グループが崩壊せず

成し遂げられた偉業!

なのだと思っています

 

 

 

まさに

大野さん〝お決まり〟の

お母さん いつも 産んでくれてありがとう!

なのです

 

 

 

嵐という

アイドルグループに

キラキラ輝く光があり

それが

誰かの役に立つこと

わかった今

このことを世の中に

提示していきたいと

思っています

 

 

 

あくまで「休止」

「解散」ではないですもの

 

 

 

PS. ぼくらはそれぞれ 一人ずつになるかも知れないけど… って 最後に松潤 言ったような 言わないような…空耳かもしれないナ

 

 

 

2021/01/08

 

 

嵐、当ブログ過去記事まとめ